「好みの革を使ってレザークラフト(初めての本格的レザークラフト)」を開催しました。

000
講座「好みの革を使ってレザークラフト(初めての本格的レザークラフト)」の様子です。

本講座は、初回はブックカバーもしくは手帳カバーを手縫いで作成していただきます。
午前中に説明と型紙作りの練習、
お昼休憩に、近隣の革屋さんで好きな革を購入していただき、
午後に完成させます。
2回目以降参加される場合は、ペンケース、パスポートケースなど、違う物をつくることが出来ます。

001
サイズの決め方を学習します。

002
本のサイズを測って、紙に書き出します。

003 004
見返し部分の型紙を作成します。(本体の型紙は、実際に革を購入してから作成します)

005 006
革を購入したら、本体の横幅を決定します。

007
本体部分の型紙を作成します。

008
けがきます。

009
革を裁断します。

010
切断面が垂直になっているか確認します。

011
縫い合わせる部分を漉きます。

012
縫った後では磨けない部分のコバ(裁断面)を磨きます。

013
貼り合わせる部分に印を付けます。

014
のリベラで接着剤を塗ります。

015zzzz 015 016 017
本体と見返しを貼り合わせます(貼り直しがきかないので慎重に作業します)。

018
ねじ捻で縫い線を引きます。

019
菱目打ちで縫い穴をあけます。

020
糸にロウ引きをします。

021
針に糸を通します。

022
縫います。

023
糸の末端を処理します。

025
見返しの余った部分を切り落とします。

026
四隅を丸めます。

027
カンナで断面を削って、段差を解消します。

028
面取りをします。

029
コバを染色した後、CMCで磨きます。

030
フチ捻をかけます。

024
出来上がりました。

031
本を入れてみます。

032
完成しました。

所要時間は8時間強でした。お疲れ様でした。

2016年7月9日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : Administrator