初めての紛体塗装

ご近所の方に紛体塗装の道具を一式寄贈していただきました。
有機溶剤を使わず強力な塗膜が作れるのがメリットのようです。
さっそく、紛体塗装に挑戦してみました。

1、設備一式です
 集塵機と段ボール箱の間に置かれた箱が15,000Vの電圧を発生し、静電気で塗料を対象に付着させるそうです。
 段ボール箱は塗料の粉末が飛び散らないようにするためのもの、
 左下のスプレーガンで粉末を吹き付けます。
DSC_1598

2、スプレーガンです
 スプレーに塗料の容器が直接セットでき便利です。
DSC_1600

 粉末が飛び散りますので、集塵マスクを忘れないようにしましょう。
DSC_1602

3、塗装したいものをセットします。
 トレーに塗装対象を置き、段ボール箱の中に設置します。
 クリップなどで電極と塗装対象を導通させます。
DSC_1599
 (写真ではトレーに接続していますが、前回の塗装で絶縁されうまくいきませんでした。クリップなどで直接対象に接続してください)

4、塗料を吹き付けた後、オーブントースターで加熱します
 塗料を吹き付けたトレーのまま、粉が飛び散らないように注意してオーブントースターに入れます。
 DSC_1623

 12分程度加熱して完成です。
DSC_1625
DSC_1629
 溶接時のスラッジを落としていないため、接合部分に一部塗料が乗っていません。
 ちなみに写真はDIYショーで行われた溶接機メーカーのワークショップでいただいたものです。

5、本当に塗膜が強力かテストしてみます
 ハンマーでたたいてみます。
DSC_1634

 左右の四葉のクローバーの間を10回程たたきました。びくともしません。
DSC_1635

 気合を入れ直してハンマーの角でたたいてみました。少し傷がつきました。
DSC_1636

気軽に美しい塗装ができます。是非お試しください。
対象は金属のみです。
大きさは、オーブンの大きさに依存します。
当工房のオーブンでは、幅240㎜、奥行200㎜、高さ50㎜程度のものを焼き付けることができます。

コメントを残す